スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
やっと・・・
2010年5月9日(日)

ネットが開通したよ。

・・・って何がって。

実は・・・3月の中旬。

いい加減静岡への出張で毎朝5時起きの0時帰りが続いていて。
体がしんどくってね。

とりあえず勤務している職場の近くに住んでたらなぁ。。。
なんて考えながら。

不動産屋さんの前で物件なぞをジロジロ見てたら。

家賃3万8000円で駐車場付き。
敷金・礼金0円。
1K8畳バストイレ別。
職場から車で5分のところ。
コンビニも歩いて1分。

コレって・・・


即決しました。




10分で決めました。



んで、1週間後に入居。


でも、ネットが開通したのは昨日。


ゴージャスに光回線を申し込んだら、エライ待たされた。


またボチボチ書いていきます。








洗濯機は買った。

冷蔵庫は買ってない。なしでも耐えられるかな?


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/05/09 23:27 】

その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
モエプロゲッターズ
たまたま、ヒマで色々検索しておりましたら。
なつかしい。
昔によく見てたホームページがアーカイブ化されており。
ちょっと紹介をば。

10年以上前かな?

まだオイラが大学を出て就職して間もない頃。

インターネットもブロードバンドでなく。

モデムでダイアルアップ。

回線スピードも36600bps(36k)?
今はADSLでどんなにおそくても、5M(5000k)を切らないんじゃない?
メッチャ遅くて。動画が配信されるなんて夢の時代。

プロバイダ料金も今みたいな固定制ではなく。

従量制の課金方式で、電話料金も別途かかってた頃。

インターネットするにも大変お金がかかった時代。

そんな時、更新を楽しみにしていたホームページがあった。

それが悶えろ!!モエプロゲッターズであります。

1987年にジャレコから発売されたプロ野球を題材にしたファミコンのソフト。
当時はナムコから「プロ野球ファミリースタジアム」が発売されその対抗馬的存在として本ソフトが発売されたような感じ。

バントホームラン等の悪名高いバグが盛り込まれている魅力的なソフトである。

このホームページの管理者はなぜか、この燃えろプロ野球(以下モエプロ)を愛してやまない。
モエプロに関する収集活動、創作活動を執拗にまでこだわり行っていた。

特に
「悶えろ!!企画部」

のページの

「もしも、私が死んだなら・・・」


「悶えフロ」

は必見である!!

残念ながら2001年2月26日を最後に更新はストップ。
その存在もオイラの記憶からも消えていき、事実上ひっそりと幕が閉じられていたようです。

URL: http://web.archive.org/web/20040201223511/http://www.ne.jp/asahi/moe/pro/

保存されている場所が海外サイトみたいで時間帯によって重い場合があります。。。


テーマ:こんなん見つけましたvv - ジャンル:ブログ

【 2010/01/10 07:38 】

その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
自分の番が来ても・・・
昨日(土曜日)は休日出勤で23時まで仕事。
さっき帰ってきてフロに入ったトコロ。

今日は実家の友達の結婚式なのさ。
10年以上もお会いしてない方。
幼馴染みだが、高校を卒業してからはほとんど会ってないのに、招待状を頂けるなんて。
ホント、申し訳ないやら、ありがたいやらの気持ちです。
受付頼まれてる。

今、午前2時。
朝10時に式場に行かないといけない。
実家は浜松。
今ココでなごんでる場所は千葉県。


どうすっぺ。
これから、少し寝て朝早くの新幹線で行くか。
がんばって車で1度実家まで行くか。
しかし、眠い。体は相当疲れてる。

迷うなぁ。


それでも車で帰るかな。
1年以上も実家に帰ってねぇしなぁ。
千葉→浜松まで3時間半くらい。
この時間なら首都高速もすいてるだろうしネ。


ちょうど1年前も会社の同期の結婚式だったな。
早いもので、もうそんなに経ったのかぁ。
もう、何人の方達を祝ってきたのだろうか?

・・・そろそろ、自分の番が来てもよいのではないか?


んあ。ヤベ、もうこんな時間。
さて、頑張って行くかな!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2007/10/21 02:29 】

その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。